り  る  れ  

 

     

 

相馬地方の方言集 「な」  28

 

語句

品詞

意味

用例

備考

ながひょろい

形容詞

長くてひょろひょろとしている様。

「このネギながひょろいした〜」
訳:「このネギ、長くてひょろひょろとしてるね」

 

なからげんき

形容動詞

半端な元気。元気なのか元気じゃないのかわからない様。

 

 

なげる

動詞(下一段

捨てる。

「ごみを投げる。」
訳:「ごみを捨てる。」

 

なごい

形容詞

人懐こい。

 

主に動物に対して使用。反意語:「かどい

なじょした/なじょった /なした

副詞

どうした。何をした。

「なじょったもんだがなぁ。」
訳:「どうしたものか。」

 

なして

副詞

なぜ。どうして。

「なしてだ?」
訳:「どうして?」

 

なす

動詞(五段

産む。

「おどなす」
訳:「赤ちゃんを産む」

 

なずき

名詞

おでこ。ひたい。

 

 

なせ

動詞(五段・命令)

返せ。弁償しろ。

 

類義語:「まやえ

なだみ

名詞

涙。

 

 

なめこい/なめっこい

形容詞

つるつるしている様。なめらかな様。

 

 

なめたがれい

名詞(魚介)

ババガレイ。

 

 

ならばってる

動詞(下一段

並んでいる。

 

 

なわもじり

名詞

縄をなう。

「今縄もじりしった。」
訳:「今縄をなっていた。」

 

なんしゃ

指示代名詞+格助詞+動詞 +格助詞

何をしに。

「なんしゃ行ってきた?」
訳:「何をしに行ってきたの?」

「何しさ」の略。

なんだもない/なんだもねぇ

副詞+打消の助動詞

どうしようもない。

「毎日暑くてなんだもねぇ。」
訳:「毎日暑くてどうしようもない。」

 

なんちだべ /なんだべした

副詞+名詞+助動詞形容動詞型

なんてことだ。

 

 

なんでかんで/なでかで/なんせかんせ

副詞

どうしても。何が何でも。何はともあれ。

 

 

なんの気してる

形容動詞+名詞+動詞(完了形)

どういうつもりだ。

「何の気してんだべな〜。」
訳:「どういうつもりなんだろうね。」

 

なんぼ

副詞

いくら。どれほど。

 

 

なんぼなんでも

副詞

いくら何でも。

 

 

上へ↑   最初のページへ戻る

SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO